スポンサーリンク

$RPRX 第3四半期決算発表、株価は一気に200MAチャレンジへ

しぐのるです。

私のPFでも結構な主力銘柄にしてIPOからいいとこなしのロイヤリティファーマ【RPRX】の第三四半期決算がでました。

普通のEPSとか売上高は特許の売買とロイヤリティー収入の観点から使用することができないとロイヤリティーファーマ自身が言ってますので、ここでは売上高に相当する「修正キャッシュレシーツACR」
で記載されます。

で、3四半期のACRは前年同期比+24%の5.87億ドル。良いですね。
2021年通期のガイダンスも引き上げられ、21.1~21.3億ドルとのこと。前年同期比で+17%成長になるそう。旧ガイダンスから1%UPです。

+50%成長!とか派手な成績ではないものの、業態を鑑みれば売上高増える=将来有望な薬の特許をさらに買えるってんで雪だるま式に売上高が増えますね。

もちろん、将来有望な特許を選択し続けるむずかしさがありますが、この事業ってロイヤリティーファーマがシェア8割くらいだそう。つまり、研究機関や製薬会社が一番先に「すみません、研究資金欲しいのでウチの特許買ってくれませんか?」って話が来るってこと。

で、ロイヤリティーファーマのスタッフはその道のプロが少数精鋭で運営しています。
だからこそのこの決算なわけですね。

不況だろうと好況だろうとお構いなしでチャリンチャリン稼ぐロイヤリティーファーマ【RPRX】。
株価はIPO以来3度目の200日移動平均線を上抜けるかチャレンジ中です。

相次ぐナンピン買いを強いられてPF内の問題児ですが、上記の理由から決算しくじるまでは持ち続けます。

ひゃなばい