スポンサーリンク

GW前のリスク回避で円が対ドルで買い越し急増

しぐのるです。

ブルームバーグのニュースでこんなのがありました、以下抜粋

個人投資家の対ドルでの円買い越しが過去最大級に膨らんでいる。外国為替市場では、異例の大型連休を前に年初のようなフラッシュクラッシュ(瞬間急落)への警戒感がくすぶるが、少なくともドル・円相場については急落リスクは小さいとの見方が出ている。

  東京金融取引所の外国為替証拠金取引(FX)データによると、個人投資家の対ドルでの円の買い越しは23日時点で20.9万枚と、データがさかのぼれる2006年7月以降で最大だった4月17日(22.3万枚)に迫る高水準。一方、高金利通貨のトルコ・リラに対しては29.2万枚と大規模な円の売り越しが恒常化している。

抜粋ここまで

つまりドル円は円高になりにくく、トルコリラ円は年始のフラッシュクラッシュ再来懸念があるってことですね。

早ければ明日の明け方にはフラッシュクラッシュになっているかもしれませんが、
ドル円があまり変動しないとなると、ドル転タイミングを待っている私としては少々残念です。

スポンサーリンク

高金利通貨のロングポジは罠です

これだけネットが発達して、スワップポイント(高金利通貨を買い越しすることで得られる金利)目当ての投資で収支がプラスになっている人を見たことがありません。

と書くとやや語弊はあるものの、軽く調べた限りでは「高金利通貨をロスカットされた人」と、「爆益です!」って書いてる人の割合は明らかにロスカット組の方が多いです。

損した事を書く人は少なく、儲かったことを書く人が多くなりやすいにも関わらず、です。

米国株投資はよっぽど下手な売買を繰り返さない限り、そうそうマイナスにならないですが、
高金利通貨のスワップポイント目当ての投資はその真逆をいっている事が示唆される状態です。

しつこいようですが、早ければ明日月曜の朝にはフラッシュクラッシュが来るやもしれません。
来なくとも、トルコなんかは政情不安に、アメリカとの関係悪化、外貨準備高の減少といいニュースがありませんから普通に価値が下がり続ける事請け合いです。

「皆が怖がっている時ほど大胆に」ってバフェット先生の教えはその企業が「優良な事業」をしているから通用する話です。

高金利通貨のスワップポイントに期待するのはやめた方がいいです。

ひゃなばい