スポンサーリンク

AT&Tから配当金をいただきました。

しぐのるです。

AT&Tから配当金が振り込まれました。

2016年から米国株投資を始め、AT&Tは初期の頃から定期的に投資しており、

今は1回の配当で1万7千円相当のドルが振り込まれております。

 

私のPFの配当金の中でもこの額はTOPであり、AT&Tの配当が来ると「おぉ、すごい」と思ってしまいます。

スポンサーリンク

AT&Tは買いなのか?

高配当なAT&Tですが、その分株価の方は軟調で、しぐのるの保有するAT&T株のトータルリターンは目下微マイナスです。

値下がり分を配当金が打ち消している構図ですね。

が、いつもこのブログで言っている通り、5Gを始めIoT産業の発達にAT&Tの事業モデルはかかせない存在であり、その参入障壁の高さはすさまじく、ディフェンシブ性の高さは折り紙付きです。

また、最近はそこにメディア大手のタイムワーナー買収を加えて動画配信事業に参入、ネットフリックスの様な成長性まで手に入れ、このシナジーが開花した時の株価の値上がりに密かに期待をし、VZではなくTを選好しております。

しかし、ネット通信事業では加入者数の頭打ち、メディア事業ではケーブルTVの解約増、

さらにワーナー買収は米司法省から反トラスト法に違反しているとして訴訟を起こされており、その辺の不透明感から株価は軟調となっているのが、ここ最近のAT&Tを取り巻く環境です。

とはいえ、35年の連続増配記録と、アメリカの人口は未だに増え続けているという事実を鑑みる限り、AT&Tの底堅さは明らかで、そのディフェンシブさからリセッション間近といわれるここ数年で自信をもって買い増すことが出来る企業と考えられます。

来年はAT&Tからもらう配当金が1回あたり2万円を超える様な具合で、買い増していきたいと思います。

 

ひゃなばい