スポンサーリンク

落ちるナイフ

株が下がりましたね。(あけましておめでとうございます)

2018年一発目のブログです。
とりあえず買いたくても買えない銘柄が安くなってくれて、
ワクワク半分、手持ちの株券が安くなっちゃって、がっかり感が半分です。

嘘です、ワクワク4割がっかり5割、残りの1割はニュースへの不満ですかね。

頼んでもないのにandroidのグーグルアプリのニュースに出てくるんですよ、やれ
この株価暴落はブラックマンデー2.0だ」だの
NY株、8日終値1032ドル安 「ブラックマンデーを想起」」だのと。。

※20%下落した本家ブラックマンデーに対してこっちは下がった日だけで5%ちょい。
ピークつけた10日前の26500から見てようやく10%下落なのでずいぶんと昔のブラックマンデーはショボかったっちゅーことになりますね。

一昨年の梅雨くらいにあったチャイナショックでも、ブレクジットの時も似たような記事ありましたが、全部サクっと戻してました。
きっと今回もそのパターンでしょ。根拠はありませんが。

まぁでも、2016年1月のチャイナショック以来の下落らしい下落なんで騒ぎたくなるのもわからんでもないですが。

実際はそこまで大したこと無い下落を脈々と語り継がれる大暴落だーってのはやりすぎだと思うんですよ。それで気分よくなる人間も少ないでしょうし。

ただ、日本株というか、キヤノン株に関しては一過性じゃなく見えちゃうんですよね。
10年足のチャート見ると特に。。

キャプチャ

ねぇ、なんでキヤノンさん毎回4000円超えると株価下がるん?

…都合6回も4500円くらいで折り返してんですよね、何ですかねこれ。

しかも今のキヤノンなんてピカピカですよ。
本業のコピー機順調、カメラもインスタブームで持ち直し、工場用の露光装置等も堅調、
買収した東芝メディカルはさらに成長加速させる施策ぶって、マイナス要素どこよってくらいいい感じなのになぜまたそこ(4500円手前)でボックスを踏みますか。

まぁこれが日本株ってヤツなのでしょうけど。
それで片づけるのもシャクですが。。

でも、配当利回りは3.8%くらいに上がってるし、買値は3300円なんでキヤノンさんに関してはまだまだ安心して持ってられます。

問題は年末年始に買ったVYMやら、J&Jやら、PM、3M、バンクオブアメリカ、ウェルズファーゴなんですよねぇ。。(買ったんだったらそのネタでブログ書けよ…)

上に上げた銘柄は一番高値で掴んだことになってます。-8%とかなんでまだまだっちゃまだまだですが。
NYダウって毎年平均7%伸びてるんですっけ?なら2017年分の上げ分やられちゃってますなぁ。
ハッハッハ。

高配当且つ大型株だから持ってれば戻ってくるって過去のデータが表してくれます。
今読んでるのは「ピーターリンチの株の法則」って本ですが、リンチ先生みたいにはできませんね。
やはり自分にはシーゲル先生の方法が合ってそう。

ちなみに、バークシャーハザウェイとVTIとIVVだけは元気に+5~+10%でいてます。
まぁそういう意味では最初書いたキヤノンが+16%でポートフォリオ中では一番優秀なんですが。。

それでもキヤノンは今年のはじめくらいには+33%だったこと考えたらやっぱり酷い値下がりです。

そして、こんな下落相場まっただ中で、嫁のつみたてNISA口座での楽天VTI買い付けが始まりました。
完全にたまたま下落したその日から買い付け始まるのが何かすごいなぁうちの嫁、と思いつつ。

旦那の私は通常NISA、嫁はつみたてNISAで年間160万円が非課税運用です。
というか、この枠いっぱい使う投資をするのがやっとです。
この枠を超える投資が出来るのはいつの日になるんでしょうかね。

といいつつ既に通常NISAの方は買い付け注文出してる分さっぴいて残り60万なんで今年あたりひょっとすると特定口座買い付けできるかもしれませんね。

そんなわけで、今現在落ちるナイフにしか見えない状況ですが、久々に来た買い場なんで買って行きたいと思います。主に高配当銘柄を。