スポンサーリンク

配当金投資は心の支えであり、人生の支え

しぐのるです。

米国株で配当金投資を始めて早数年が経ちました。
最初は月に数百円、数千円だった配当も1万円を超え、多い月は数万円になる等、徐々に配当のボリューム感が出てきています。

たった数年でここまで規模が大きくなるのですから、このまま配当金再投資と、給料からの定期投資を行っていくだけで、不労所得だけで生活出来るようになる筋道が、おぼろげながら見えています。

たしかに、世の中には短期間で富を得ることができる手法がたくさんあります。
起業や不動産、レバレッジを効かせた為替取引FXや仮想通貨、なんでもござれです。

しかし、その投資の世界で勝ち抜く方法はありません。
必ずうまくいく方法なんて都合のいいものはなく、激しく精神をすり減らすプロ相手のトレードや、リスクが大きい商品への投資をしてしまうなど、失敗の種はそこかしこに埋まっています。

もちろん高配当投資が無リスクなんて言うつもりはありませんが、
適度に分散させ、業績優良な企業の高配当株を持ち続けることで発生する儲けは、
前述の投資に比べて遥かに低リスクと考えられます。

しかも、手間がかかりません。
チャートを数分毎に確認する必要も、相場を読む必要もありません。

その会社の決算書やニュースには触れておく必要はありますが、それだって毎日ということはありません。おかしな兆候がないか、事業は今後も安定しそうか、そのくらいを予想できれば後はほったらかしです。

そういう意味で、働きながら行う投資としては米国高配当株投資は時間をかけずに、
相応のリターンを得られるため、オススメの投資方法といえます。

たとえ保有株が下落し、含み損状態となっても、高配当株は配当が入るたびに
再投資ができることから、底値買いをしやすいです。

何故なら、その底値買いをするお金は配当金から出されるため、
「まぁもらったお金だからいっか」と下落相場でも投資する気がでてきやすいです。

そういう意味で配当金というのは、株式投資をする上でかかってくるストレスを軽減する役割も期待できます。

こうして10年、20年と配当金再投資を続け、1億円の金融資産を持ち、そこからの配当金収入で暮らしていきたいというのが、今の私の目標です。

ひゃなばい