スポンサーリンク

超有名な大富豪、ビットコインで145憶円の損失

しぐのるです。

久しくビットコインで大損ぶっこいた人の話を聞いてませんでしたが、
ここにきて世界三大ハゲ富豪であるところの孫正義さんがビットコインへの投資で145憶円分もスっていたことが判明したとWSJが伝えています。因みに残りのハゲ富豪はジェフ・ベゾス(1位)とアマンシオ・オルテガ(6位)です。ていうか上位10人くらい基本的に生え際が怪しいですよね。(それくらいにしておけ)

記事リンクはこちら
孫正義氏、ビットコイン投資で巨額損失 145億円超

記事によれば、2017年の終盤にビットコインに投資し、18年の序盤に売却しているそうです。
ビットコインのことをほとんど知らない私ですら、そのタイミングが「考えうる限り一番最悪なタイミング」だということを知っているほど、激ヤバなタイミングで投資しちゃっていますね。

ですが、損切りタイミングとしてはベストなタイミングでした。18年序盤の水準をビットコインは未だ回復できていません。

スポンサーリンク

孫正義は経営者?投資家?

孫正義といえば、ソフトバンクの創業者、つまり経営者として有名ですが、最近は数々の企業を買収して回っており、所謂ウォーレン・バフェットの様な「投資家」として活躍しているイメージがありました。

しかし、このビットコインで大損したというニュースを見て、私の中で「今後ソフトバンクはアメリカでも、日本でも通信キャリアとして落ち目になっていきそうだなぁ」という見方が強くなってしまいました。※ソフトバンクはアメリカではスプリントの親会社となっています。

5G発展のストーリーをいち早く描き、ソフトバンクビジョンファンドを通じて企業買収を次々成功させてこられた孫正義会長ですが、その緻密に計算されていたと思われる買収劇と、その資金調達の手腕が、虚構だった…とまでは言いたくありませんが、このビットコインのニュースを見て懐疑的になっています。

孫氏が、「ビットコインバブルにほいほい乗せられて大損してしまった」という事実を、
ソフトバンクビジョンファンドに置き換えれば、

「5Gバブルにほいほい乗せられて大損するのでは?」という悪い予感が脳裏に浮かび上がってきてしまいます。

私はソフトバンク株を持っていませんが、今後の展開次第では上記の理由で投資家がソフトバンク株を見限って売り始めてもおかしくないのかな?と思っています。
それだけ浅はかな投資をしてしまったと私は考えています。

その点、ウォーレン・バフェットはビットコインを自身の考えの下、一貫してディスりまくっております。バフェットの経営するバークシャーハサウェイのS&P格付けは「AA」です。髪もフサフサです。

しつこいようですが、孫正義はビットコインを買収した投資会社の共同経営者に言われるがままに最悪のタイミングで購入し、145憶円もの損失を出しました。
氏の経営するソフトバンクのS&P社債格付けは氏の髪の生え際の様に後退しており、「Ba1」だそうです。

不思議とバークシャーに投資したくなりますね。

ひゃなばい