スポンサーリンク

相当ストレスが溜まってきています。

しぐのるです。

ストレスが溜まってきているのが最近の日本を見ているとよくわかります。
私自身もストレスが溜まってきており、朝は全然起きる気がしなかったので有給つかって今日は仕事を休みました。休養は大事。

いえ、決して半期が始まる4/1は朝から社長の講演だったり、今期頑張りましょう的な意味のないありがたいミーティングが入ってたりで1日の中に多めに無駄な時間が多そうだったからフケたなんてことは決してありません。えぇ、ありませんったらありません。ちょっと早めの5月病です。

さて、私含め日本人のストレスが溜まりまくっております。
例えばSNS、志村けんさんの訃報に、不要不急なコメントをする都知事と、それに対する割と過剰な反応をする人達とか。これはいつもかな。

例えば政治ニュースをとりあげるニュースサイトとか。
ウォールストリートジャーナルとか日経新聞のサイトでは中々みませんが、ちょこっと大衆寄りのサイトなんかではどうも近視観的なニュースが増えてきた印象です。
例えば以下の記事。

日本型「自粛せよ。しかし金は出さない」で人の命は守れるか。新型コロナ、2つのリスクに同時に対処すべき理由
日本が取っているのは事実上の緊縮であり、これでは、仮に感染症は制御できたとしても、経済で命を危険にさらされる人が増えることになる。日本の公衆衛生専門家、あるいは医師たちはどう考えるのだろうか。

ざーっくり要約すると、「アメリカは大人一人1200ドル支給するのが決定しているのに日本は何もしていない!だから今の政府はダメだ!」って内容です。

この記事を書いたライターがもう日本の政府を叩きたくて仕方ないのは文面からひしひしと伝わってきますが、さすがに酷いのでツッコミ記事を書きたいなと。

まずコロナウィルスの感染者数…は、検査の量でいっくらでも変わるので出しても意味がありません。中国の発表数とか絶対ウソですしね。

ですので、ここは「コロナウィルスの死者数」で行きましょう。
感染者数よりは誤魔化し効かない数字だと思ってます。とりあえず日本とアメリカじゃそうだろうと。中国は死者数すらイジってそうですが、とりあえずあの国は置いておきましょう。

もちろん国民の母数なんかも考慮に入れる必要があります、ざっくりアメリカは日本の3倍居るとしておきましょう。

つまり、上の記事のライターが言う様に、仮に日本がアメリカと同じ政策をする必要がある状況なのであれば、アメリカの死亡者数の1/3くらい日本でも死亡者が出ていれば多少は説得力があるかな?ということです。

ではコロナウィルスの4/1時点の日経新聞が発表している死亡者数です。
アメリカ:3873人 日本:66人

アカンがな、アメリカは日本の50倍以上亡くなっている。

これはロックダウンも過剰に、且つ強制的にせざるをえませんよね。

その結果、「正社員」とか「基本給」なんて概念がないアメリカの低賃金な労働者を保護する為に、不平等にならない様に国民全員に1200ドル支給ってのは妥当だといえます。

一方、日本は死亡者66人?

外出規制も強制じゃないから街は割と人であふれかえってる?

しかも暇な老人は朝から行列つくってマスク漁りしてるって?

一番感染したらヤバい年齢層が外で暇もてあまして行列作るくらい余裕があるってことでOK?

この日本の状況と、アメリカの惨状と同列視するのはいくらなんでもな状況ですよね。

「ここでしっかりロックダウンさせないと、アメリカの二の舞になる!」

ってんなら話はわかりますが、それならやるべきは給付金でなく、法的強制力を持った外出禁止令ですよね。お金を出す出さないって話はその後です。

そういう前提を出した上で政策批判をするならまだしも、表面だけを見て政治批判をする為だけの記事を書いてしまうライターを雇ってる様なニュースサイトの情報を鵜呑みにするのは止めておきましょうって話です。

ちなみに上記のアレな記事を掲載しているサイトの名前は「HUFF POST」
「HUFF POST」のwikiの最初の1行をコピペします。

「ハフポスト(英語: HuffPost)は、アメリカ合衆国のリベラル系オンラインメディアである。」

あ、察し…

リベラルってとこに注目です。
ニュースサイトなのに政治的に傾いてる時点でおかしいんですよね。

で、国民にストレスが掛かっている時はこういう偏ったニュースを出す媒体に国民は踊らされてしまうわけです。

特に日本はその傾向が強いです。
リーマンショック時、民主党政権を誕生させてしまったり、もっと過去では新聞に踊らされて勝てない戦争の開戦を後押ししちゃったりね。

要するに、日本人はその同調圧力への弱さから踊らされやすいってことです。
注意しましょう。日本はまだまだ慌てる必要がある状況ではありません。

少なくとも、コロナウィルスの死者数を見る限りでは。

あ、でもでも。
経済はどのみちめっちゃヤバくなるから、そういう意味では焦った方がいいかもです。旅行業界とかはもう影響でまくりでしょうしね。

その辺には行政の支援があってもいいのかなとは思います。
まぁ、まずは貯めこんだ内部留保を吐き出させたいところでしょうけども。
最近まではずいぶん羽振り良かった業界ですからね。

とまぁ、そんな経済危機の時に、政府の支援を口あけて待つだけの人になるか、
高配当株等に投資して自分で収入を増やすかで、変化は大きくなるのは間違いありません。

ひゃなばい