スポンサーリンク

民主党候補者選、バイデン氏躍進で株価上昇の理由

しぐのるです。

14州の民主党予備選が集中したスーパーチューズデーの結果は、The左側…どころか自称社会主義者のバーニー・サンダースではなく、中道派のジョー・バイデンが勝利を収めました。

Biden, Sanders Look to Next Contests as Bloomberg Exits
A string of Super Tuesday victories for Joe Biden and Bernie Sanders’s win in California narrowed the Democratic nomination contest to essentially a two-person ...

上記のWSJ英語版から、バイデンが勝ったというわかりやすい図を転載します。

スポンサーリンク

NYダウは一時700ドルの上昇、意味するものは「安心」?

今回の予備選、スーパーチューズデーでは大票田のカリフォルニアこそサンダースが優勢となりましたが、その他の地域ではバイデンが躍進しており、トータルの代議員の数ではバイデンがトップに立っています。

これを受けてマイケル・ブルームバーグは立候補を断念し、バイデン指示に回ると報道が。

ブルームバーグ氏が撤退、バイデン氏支持へ 米民主党予備選
 米大統領選に向け民主党候補の指名獲得を目指していたマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長が選挙戦から撤退する。

これで中道派はバイデン、極左では事実上サンダースで一本化したといえます。

これを受けたアメリカ NYダウは3日のマーケット開始直後から一時700ドル上昇、これを書いている2:11現在も前日終値から約500ドル上昇したところで推移しています。

以上から、マーケットはバイデン氏の躍進を好感していることが伺えます。

が、ここで少し解せない点が。

スポンサーリンク

大統領選でバイデンVSトランプだと、逆にリスクになるのでは?

政策が悪い意味で極端なバーニー・サンダースVSトランプで大統領選になった場合、
トランプが勝つ公算が高くなるので株価にはプラスに働く、という説は割とよく耳にしましたが、今現在はバイデンが躍進することで株価が逆に上がっています。

むしろスーパーチューズデー前はサンダースの方が優勢と報じられることが多く、株価はコロナウィルスの事を一時無視すれば軟調に推移していました。

これが意味することとは、結局のところ

「アメリカ人は社会主義者サンダースが大嫌いだった」

てことなのでは?と思ってしまいます。
昨日のブログでも書きましたが、アメリカをアメリカたらしめるのは「格差」だということは外ならぬアメリカ人達が一番わかっているはずなのです。

これまでのアメリカから社会主義のアメリカに変わるリスクで動揺してたけど、ちゃんといつもの中道派候補が躍進してきて安心した、と。

だってアメリカが今まで通りなら株価は上昇していくわけですから。

まぁ大嫌いって割には中々の獲得票ですが。
それだけ格差拡大が深刻なんでしょうけどね。

さて今のところ株価は上昇していますが、もし本当に大統領選がバイデンVSトランプになり、
もしバイデンが勝利してトランプが大統領から引きずり落された場合、
法人減税等々を理由に上昇していた株価の下落が予想されます。

一方、貿易戦争なんかのリスクは後退するとも考えられますが、オバマの時は大して株価は上がりませんでした。むしろ、民主党のオバマ政権下では日本の民主党政権下と同じく中国についてはほとんどプレッシャーをかけることなく、台頭を許しまくった政権でした。

そんな時の副大統領が大統領になるわけで、やはり経済にはマイナスなんだろうなと思っています。

コロナなんかよりも、大統領選からは目が離せない日々がまだまだ続きそうですが、やることは優良企業の株式に分散つみたて投資と配当再投資です。

最近は高配当株ばかりでなく、割安になった無配株も物色しています。
先日はVISAを購入しました、同じ額だけSPYDも。あとちょっとだけSPXL

コロナパニックは買い場の始まり
しぐのるです。旅行ブログ書き終わってから投資の記事を書こうと思ってましたが、ここまで暴落してくれたら書かずにはいられませんし、買わずにはい...

ガクっと下がっても慌てず騒がず買っていきます。
バフェットはデルタ航空を似たようなタイミングで買っていたそうな。

買うタイミングだけでも合わせられたのはやっぱりうれしいです。

売った方々は慌てすぎ。人々が恐怖に染まっている時こそ買いましょう。
浮かれてる時は恐怖を覚えてディフェンシブな高配当株を買いましょう。
債権でもいいですが、今高いですよ。

いつ売るか?それは買った企業の決算が目論見と外れていた場合です。

金利下げ-0.5%の後は必ずリセッションが来ると言われていますが、-10%毎に買い増ししていくのが今のところの投資戦略です。

ひゃなばい