スポンサーリンク

割安株を血眼で探し始めてませんか?それ、過熱シグナルかも?

しぐのるです。

ネトゲでこの名前をアルファベットで使っているとよく「シグナルさん」と呼ばれて、「しぐのるです。」と訂正するのがお馴染みです。どうでもいいですねごめんなさい。

最近、割安な銘柄をついつい探してしまっています。例えばクラフトハインツ【KHC】、去年会計不正で叩き売られて以降、株価は底辺をさまよい続けています。

配当利回りは5%超え、昨年12月に発表した四半期決算では売上こそ5%減少したものの、営業利益は9.9%上昇と悪くない成績でした。市場予想も上回っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラフトハインツは買い時か?

株価はこんな感じで低迷中。多少ばかりの純利益回復では市場は許してくれない様です。

こんな見放された銘柄は私の大好物なのですが、やはり購入には二の足を踏んでしまいますね、減配しちゃった銘柄ですし、減配した割に未だに配当性向は100%上回ってますし。
2019年の決算発表が全体的に底打ちしてるようなら買いが入るかもしれないから、買うなら今の割安な水準が良いかも…?

さて、こんな感じで皆さんも忘れられた銘柄を探してしまってませんか?

それこそがバブルの一番過熱した状態と言っても過言ではありません。
人々は値上がりした銘柄だけでなく、訳ありの低迷銘柄に手を出した挙句、裏切られたときに
「こんなはずでは…」と嘆くのです。

波が引いた時に誰が裸で泳いでいたのかがわかるってやつですね。

ちゃんと履くもの履いて楽しく泳ぎましょう。

ひゃなばい