スポンサーリンク

ボーイング【BA】政府支援の後でも追加で200億ドル必要?

しぐのるです。

WSJの以下の記事によれば、ボーイング【BA】とそのサプライヤーは、政府から170億ドルの連邦支援を手に入れたようですが、さらに追加で200億ドルの調達が必要であるそうです。

Boeing Taps Investment Banks as It Weighs Government Aid
Lazard and Evercore will help Boeing analyze government aid and potential funding from the private market, people familiar with the matter said.

WSJ読めない方は以下の記事で読めるのかな?
WSJ購読してる意味はどこに…

Boeing taps investment banks for help as it weighs taking government aid
Boeing Co. has tapped investment banks for help securing a financial lifeline after the coronavirus grounded most of the world’s flights and deepened the...

しかも借りる先は投資銀行だそうです。
もうおわかりですよね、ボーイング、やっぱり相当キツいみたいです。

にも拘らず株価は最安値から60%近く上昇していることから、明らかに楽観されすぎています。

しかし、同時にボーイング【BA】の事業は唯一無二の大型ジェット機の製造とメンテナンスに加えてアメリカの国防や宇宙産業までを網羅するモノですので、アメリカ政府にとっては絶対に欠かせない企業の一つでもあります。

その為、アメリカ政府はボーイングを倒産させない様に、これからも援助は続けると考えられるため、安値で拾い、上昇したら利益確定を行う事でパフォーマンスを上げられると考えられます。要はうねり取りですね。

もちろん、ボーイングは長期的には株価が上昇すると考え、安値で淡々と買い付けるだけでも、一応は大丈夫かもしれません。

私は配当を出し続けている企業ならそれでもOKですが、無配株を持ち続けるのは抵抗があります。さらに下落した時は完全に塩漬けになってしまいますからね。

じゃあ手を出さなければいいじゃない?とも思いますが、10年に一度の暴落チャンスなので、色々試したい好奇心が勝ってしまいます。

これが1月や2月の状態だと、高値付近でやる気にならないんですが、
暴落の後ならやり様はいくらでもあると考えます。

バフェットの名言「株は簡単、皆が恐怖を抱くときに買い、皆が楽観している時に売ればいい」ってヤツです。

ボーイングに関してはいまは皆が楽観している時な感じがします。
さて、今後どうなるか、目が離せませんね。

ひゃなばい