スポンサーリンク

タイヤ交換を自分ですることで節約、意外とバカに出来ない理由

しぐのるです。

私の地元、青森県は弘前市にもやっと春がやってきました。
春になるとご近所からタイヤ交換のインパクトレンチの音が響いてくるのは風物詩ですね。
地方民はタイヤ交換は自分でやる人が多いです。

しぐのる家も保有する5台+親戚の車1台の計6台のタイヤ交換が先ほど終わりました。

ガソリンスタンドやオートバックスみたいなトコに頼むと1台5千円は下らないそうです。
大体は8千円/台とのこと。ぼったくりも甚だしい。
※この相場はネットで軽く調べただけですので、もっと安いかもしれません。

タイヤ交換なんて自分でやれば1台30分くらいで終わります。
必要な知識はジャッキをかけるポイントと、締め付けトルクくらいですかね。

ネジ山の清掃等、細かいコツまで挙げればキリがありませんが、基本的にタイヤを浮かして
ネジを緩めてタイヤ換えたらネジをを規定トルクで締めるだけの簡単な作業です。

工具なんて20年前に購入したインパクトレンチが未だ現役で活躍中ですしね。
ジャッキは20の頃からだからかれこれ14年使ってます。

しかし、20年前にピンピンしていた我が親父様は少々傷んできており(失礼)、3台目の交換途中でぎっくり腰を発症し、あえなく作業をリタイアすることに相成りました。

「何だ、二人でやって30分かよ」と思うかもしれませんが、交換に一人、外したタイヤを洗ってしまう作業を一人とした分担作業です。交換だけなら一人で十分です。簡単簡単。
1回8000円の価値はまぁありません。むしろ1回5千円で依頼されたらやりたいレベル。

…春先と冬前の副業に丁度いいかもしれませんね。私はやりませんが。

他人の車とか絶対触りたくありません。ロクにメンテもせず、タイヤ屋やガソスタにまかせっきりでネジ山がサビてなくなりかけてたり、噛んで回らなかったり。ジャッキアップポイントがボロボロだったりね。

ウチの車は軽自動車でもクロスレンチでシャーン!とやれば抵抗なくスルスルとナットが締まります。コツはネジ山の清掃を少し意識するだけ。

さらに余談ですが、外したタイヤは洗って「ちょっとイイ」タイヤワックスを塗って暗所で保管しましょう。
この「ちょっとイイ」タイヤワックスってのがミソです。安いヤツはタイヤはピカピカするんですが、ゴムの劣化を早めます。「タイヤの劣化を防ぐ」ってパッケージに書いてない安いヤツには要注意です。
暗所は当たり前ですね、ゴムを日光にさらしていいことなんか一つもありません。

閑話休題

コストの話なのが、車オタクにありがちなヤツをやってしまいました。
ま、適切な維持管理は結局のところコストの低減につながりますけども…(いい加減にしろ)

スポンサーリンク

タイヤ交換はKO株56万円分に匹敵する!?

話をコストに戻して、「家に5台も車があるんだったらそりゃ自分でやれば節約になるよ」と思われるかもしれませんが、1台でも年2回で1万6千円の出費です。140ドルってとこですか?

これだけの配当金をもらおうと思ったら、税引き後の一株配当1.4ドルくらい…ザル計算でコカ・コーラにしましょう。コカ・コーラ社の株を100株保有しなければもらえません。(計算がザルすぎやしないか)

KO株100株は1株47.48ドルとして約5000ドル。56万円分ですかね?

タイヤ交換1台分を自分で行うだけで、56万円分のKO株を所有してその配当金をもらうのと同じスケールの節約が出来るということになります。

工具への初期投資とその工具達の置き場所が必要ではありますが、
最低限の工具でいいならインパクトレンチは普通のレンチ(100均でみたことあります)、ジャッキは小さめのフロアジャッキ(3000円も出せばOK)にすればそこまで場所は取りません。

ですが、締め付け規定トルクがわからない人こそ工具を頼りましょう。
トルクレンチで規定トルクが簡単に測れます。(これは割とします、4000円くらい)

それでもわからない?目の前の板(スマホ)や箱(PC)で調べましょう。
動画付きで教えてくれます。
少し調べれば、ネジを締めるときに踏んで締める必要がないことがわかります。

何よりも、いいメリットなのが一つあります。
天気のいい春の休日に、庭で行う作業はとてもいい気分になります。

嫁様も普段は居間でゴロゴロしている旦那が、「自分には出来ない仕事」をする所を見られてご満悦です。

タイヤ交換は自分でやることでお金の節約と家族に笑顔をもたらす素晴らしい作業です。

(居間でオヤジがぎっくり腰で苦悶の表情を浮かべているのを横目に見つつ)
ひゃなばい