スポンサーリンク

【PFF】を売却、キャッシュポジションに補填へ

しぐのるです。

2016年にNISA枠で購入した【PFF】iシェアーズ 米国優先株式 ETFを売却し、キャッシュポジションにしました。

理由は利回り5.5%で値上がりがほとんどないPFFにリスクを感じる様になった為です。

って書くとそれっぽく見えますが、要はリーマンショック時に半分以下に値下がりしたPFFをこの株高先行の状況でホールドするよりキャッシュポジションに変えておいた方が色々と自由に動けそうだったから。ぶっちゃけるとボーイング株を買って減ったキャッシュポジションの補填ですね。

PFFは2016年のNISA枠で買ったので、このままロールオーバーするよりなら2021年に他の銘柄に使える枠になってくれた方がいいですし。評価額だけでプラスになってきてたのでいいタイミングだったと考えています。

スポンサーリンク

2020年は5G景気が支える、2021年は?

今年は昨年の後半に引き続き5G特需で景気は良さそうです。

米中貿易摩擦リスクも大統領選挙の陰に隠れ、リスクの主役はアメリカ国内の政治リスクで一喜一憂って形になると予想しています。

一番最悪なのは民主党のウォーレン議員みたいな極左思想の人が大統領になっちゃう事ですね、
日本の民主党が政権取っちゃったときみたいな、若しくはそれ以上の混乱が予想されます。

そうなった場合は景気も相当悪くなると考えられ、10年くらいは低成長になってもおかしくないなぁと思います。根拠はあまりないですが、これまでの10年以上も好景気でしたし、振り子が同じだけ不景気側に振れたらそういう事になってもおかしくないと。

そういう時に強いセクター、つまり一般消費財とか生活必需品銘柄に投資したくなりますが、今現在はそっちも結構値上がっちゃってる感じなので、やっぱり今買うのは結構勇気がいりますね。

っていいつつ自分のNISA口座では【BA】ボーイング買った上に、嫁様のつみたてNISA口座では淡々とS&P500連動の投資信託を積み立てていってます。

キャッシュポジションは高めつつ、最低限の積み立て投資は継続、下がっても慌てず売らない、
売らなくて済む様な高配当or業績優良銘柄を買う。

欲しい銘柄が値下がりしてバーゲンセール状態になるまではこんな感じで行きたいと思います。

ひゃなばい