スポンサーリンク

【AT&T】買収後のワーナーメディア内で事業再編を開始

しぐのるです。

AT&Tに買収されたタイム・ワーナー内で、勤続10年以上、満55歳以上の社員に早期優遇退職勧告がされたそうです。

これは、AT&Tが司法省に独禁法違反の疑い(難癖)で上訴されて、したくても出来なかった事業再編がようやく進み始めたことを意味します。

この発表が出る前少し前に内部のHBOやターナーのCEOらが退任しているのは、この事業再編計画に反対姿勢を見せてAT&Tに切られたからか、最初から影腹を切るつもりだったのかは定かではありません。

HBOのCEOらの退任記事はこちら

AT&T、買収したタイム・ワーナーのメディア部門トップに辞任される
しぐのるです。WSJの記事で、AT&T関連の記事があったので紹介します。以下記事抜粋「買収されたタイム・ワーナーのメディア部門で長...

さて、買収企業が被買収企業の従業員をリストラするのは決して珍しいことではありません。

それも勤続10年以上で55歳以上に限定されているあたり、人件費の圧縮の他にも古い人材をリフレッシュする効果も期待でき、とても良いやり方であると考えられます。

もちろんクビになる方はたまったもんじゃありませんが、今回は優遇措置付きですし、
タイム・ワーナーの社員で55歳以上なら十分そのままリタイアも可能な範囲じゃないのかなと思います。

今回の事も含め、AT&Tはコスト削減と経営の効率化を一層進めることが出来、世界一の負債残高を減らす努力を淡々と遂行していることが確認できました。

個人的にはそれ以外にも、この事業再編でワーナ・メディア内のニュースチャンネル「CNN」の、トランプ政権に批判的な報道姿勢も多少マイルドになってくれないかなぁと思っていますが、左寄りならではな下記の様なニュースもやはり大事なので、報道の世界ってのはよくできてるなぁとも思います。

韓国が直面するゴミ問題 海外に「輸出」出来ず、国内に不法投棄120万トン【CNNの日本語版サイトリンク】

本日の隣国恥知らずニュースですね。CNN開いたらこれが一面(?)でした。
その内日本海にゴミ捨て始めそうで怖いですね。いや、もうやってるんだっけか。

閑話休題

さて、私はこういったAT&T絡みのニュースをちょくちょく調べています。
理由としては自分のポートフォリオ内で30%を占める程に集中投資をしてしまっているということが一番なのですが、その他にも面白いからなんですよね。現状のAT&Tが。

今まで司法省にジャマされて、準備してたのに出来なかったことを、判決が出てからは淡々とこなしくていく様を見ていると「経営陣たのしそー」という感想を抱きます。

さて、人口が増え続けるアメリカは年老いた社員をリストラしているのと違い、日本は人不足から定年延長に踏み切る企業のニュースが増えてきました。

新しい知識と技術を吸収して、成長に前向きな社員を育てる風土がない会社は、
これからもどんどん凋落していくことになると思います。

日本の様に年老いた社員が辞めていかなくなるのは、そういった面で恐らくマイナスなんだろうなぁと考えられます。

勿論、新しいことにチャレンジし続ける老人には価値がありますが、
自分の経験則に縛られて過去の栄光にしがみ付く様な老人は、いち早く切るアメリカの様な制度が必要なのだと思います。

やはり、長期投資をするなら、日本よりアメリカですね。

ひゃなばい