スポンサーリンク

【映画鑑賞】ウィンストン・チャーチルを観ました。

しぐのるです。

少し前のニュース番組でイギリスのブレクジットについて報じられていた時、
コメンテーターの一人がこんなことを言っていました。

「今は議会が分裂しているが、その内チャーチルみたいな人が現れて分裂した議会をまとめてくれると思っている国民も結構な数いる」

へぇ、チャーチルってそんなすごい人なのかぁとその時は簡単に流していたんですが、
この程amazonプライムに映画「ウィンストン・チャーチル」がラインナップされていたので、
こりゃちょうどいいと観てみました。以降ちょいちょいネタバレ出てきます。
基本史実だからネタバレも何もあったもんじゃないと思いますが。一応未見の人は注意です。


概要としてはそれまで議会が真っ二つに割れていたところに、ヒトラーのナチスドイツがヨーロッパ各国を相手取り侵略戦争を開始。

イギリスにも戦火が及びそうな時に首相に就任したチャーチルは議会をまとめ上げ、
ナチスドイツと徹底抗戦始めるっていう史実を、
割と人間味豊かなチャーチルおじさんで描く映画でした。

それまでの私のイメージは畜生イギリスの戦争大好き人間ってイメージだったんですが、
この映画を見るとイメージ変わりますね。

んで、たしかにあの当時のイギリスと今のイギリスではずいぶん違うよなぁってのが感想です。
たしかにイギリス損亡の危機っちゃ危機ですが、イギリスが落ち目なのは今に始まったことでもないですし。

では当時のイギリスと似ている国はどこか、それはアメリカです。

スポンサーリンク

ナチスドイツに覇権を握られかけたイギリスは現代のアメリカ?

当時、イギリスは世界最強の海軍力を背景に世界中に植民地を持っており、
繁栄を極めていました。つまり覇権国家ですね。

現代、アメリカは世界最強の軍事力を背景に世界中から富を稼ぎ出しています。

そして、その覇権国家を脅かすのは対戦当時はナチスドイツを始めとした枢軸国。
現代はアメリカの覇権を揺るがすのは中国ですね。

そしてその覇権国家の議会は割れていて、対する覇権を欲する側は独裁政権ってのまで符合します。

この割れた議会を掌握するかどうかが、今後のアメリカの未来を左右するのは言うまでもないですね。

では大戦当時、イギリスの議会はどうなったのかというと、

映画では、このナチスドイツと徹底抗戦を主張するチャーチルと、ナチスドイツと和平交渉を行う対抗勢力との政治劇が描かれました。

チャーチルも抵抗勢力に重要閣僚がいることから、和平交渉をしようか迷っているのですが、決断の前にイギリス国王と若いし、その国王から「迷っているなら国民に聞いてみるといい」という助言をもらい、首相単身、地下鉄に乗車して乗り合わせた国民に直接尋ねます。

「もし、ナチスがイギリスに攻めてきたらどうする?」

地下鉄に乗っていた国民達は「祖国を守る為に戦うにきまってる」と答えます。

「では今まさに議会でナチスドイツと和平交渉をするという話が進んでいる事についてどう思う?」

と聞くと地下鉄車内に乗り合わせた全員が「そんなのは絶対ダメです」と答えます。

そこでチャーチルは決心し、閣外議員の前でその話をしてまずは閣外議会を味方につけ、
庶民院(下院)の演説で最後は議会全員の前でナチスドイツとの徹底抗戦をする演説を行い、
議会を掌握する、といったところで映画は終わりでした。

イギリス議会はチャーチルの下で「祖国を守る」という大義の為に団結し、ナチスドイツに打ち勝ったわけですね。

今現在のアメリカの国民も、トランプ政権のやり方自体は気に入らないという人が多いですが、
こと中国相手の政策についてはかなりの割合で賛同する人が多いです。

これはまた別のチャーチル映画に出てきたチャーチルのセリフなんですが
「戦って負けたのなら、また立ち上がれる。しかし戦わずして負けた場合は属国に成り下がる」
というセリフがありました。

アメリカ国民はこのセリフの意味をよく理解できているんだと思います。

逆に日本はメディアを始め、「対立は絶対悪」とする論調が非常に多く目に入ってきます。
しかし、あの大戦で戦って負けたからこそ今の発展を遂げた日本があるんだと思えば、
理不尽な事をいう隣国に断固とした態度を取ることがそれほど間違った事ではないと思います。

ま、イギリスはナチスドイツと戦ってる間にアジア方面の植民地を旧日本軍に解放されちゃって
戦後はそのおかげでアメリカに覇権国家とられちゃうんですけどね。その後もどんどん落ち目で、今あの体たらくですし。まぁ三枚舌外交とか相当あこぎやった報いでしょうけども。

そんなわけで、大戦当時のイギリスと、現代のアメリカが似てるって話でした。
アメリカは当時のイギリスの様に今後没落してしまうのか?

答えは割と早めにわかるかもしれませんね。

ひゃなばい