スポンサーリンク

【出口戦略】お試し買いした銘柄を利益確定するべきか?

しぐのるです。

昨日Searyのマットレス(30万円)の購入を奥さんに許しを乞うたところ、
にべもなく断られたので金策を考えています。

そこで最近の株高を背景に、しぐのるポートフォリオ内で株価が上がっている銘柄を利益確定することで、マットレス代を捻出しようかと考えています。

「お前そこまでしてマットレス買い換えたいんかい!」のと思われるかもしれませんが、
ついでにゴチャゴチャしたPFを整理したいってのもあります。…3割くらいは。(結局買い替えたいだけやんけ!)

ここでいう「お試し買い銘柄」は、私しぐのるがこれまで「お、この銘柄良さそうだな」と思った銘柄をちょこっとだけ(大体5~10万円分)買って、その値動きを観察するっていう素人丸出しの行為を年に2~3銘柄行っているものになります。

このウォッチ方法、手数料は少しもったいないですが、勉強代と思ってやると中々面白いです。

で、そんな中から売りの候補になっているのが以下の銘柄

【9501】東京電力HD 損益+59.5%
→購入当時は「バーゲンセールだよねこれ」と思ってお試し買いしたところから
 スルスル上がっていきました。
 それでも1年に1回くらい調整で下げる習性がある銘柄なので今売り時かなと。
 大抵3月に下げますね。震災特番でイメージ悪くなるからでしょうか。
 無配銘柄な上、廃炉リスクが付きまとう銘柄なので売却候補筆頭ですね。
 ただ遠い将来、廃炉も全部終わった時、元の株価水準に戻るのを夢みて持ち続けるのは大変
 妙味を感じます。ある意味ロマン株ですね。

【MCD】マクドナルド 損益+21.1%
→2018年11月30日につけた年初来高値には一歩及びませんが、
 買い増しタイミング逃しちゃってこの水準なので一旦売ってもいいかなと。
 PER23倍も中々高めですし。

【IVV】+18.6%【VTI】+13.29%【VT】+1%
→ETF組はそれぞれプラス。奥さんのつみたてNISAが去年から始まり、
 そこで楽天VTIを買い付けている為、自分のPFには不要かなと。
 
【BRK.B】バークシャー・ハサウェイ +18.62%
→決算で大赤字ですが、新しい会計基準のせいですね。
 となれば、ここで手放すのはもったいない感じもしますが、
 この銘柄のここ10年のトータルリターンはS&P500インデックスに劣後していますし
 バフェット先生も相方のチャーリー・マンガー氏もいい歳すぎるので今後この二人の
 健康問題でボラティリティが高まるのかなと思うと手放してもいいかなと。

これだけ売ったらマットレス買えるやろ。。
余った分で【VIG】でも買いましょうかね。
何故なら私のPFはAT&T偏重で通信セクターのウェイト大きすぎだからです。

それか銀行株。「歴史は繰り返さないが、韻を踏む」という格言から次のリセッションを考えると、前回の金融ショックは銀行系でした。
その銀行系が次のリセッション時、比較的ダメージが少なくすむんじゃないかなという予想をしています。

今現在、相当力を蓄えているのが銀行なはずです。
次のリセッション時、バーゲンセールとなった銘柄群を買い漁って大きな利益を出してくれるでしょう。

くれるかなぁ。。

ひゃなばい