スポンサーリンク

【ロボアドバイザー】住信SBI銀行でTHEOサービス終了

しぐのるです。

最近ロボアド投資の話題とかニュース聞かないなーと思っていたら、
住信SBIネット銀行でTHEOのサービスが諸般の事情により終了するそうです。
リンク

これを見て「ははぁん…さてはパフォーマンスあんまり良くないんじゃない?」
と思ったので、野次馬根性丸出しでウェルスナビとTHEOのここ最近のパフォーマンスを見てみました。

ちなみに私しぐのるは、ロボアド投資を一切やっておりません。
暴落時に安心して持っていられる自信がなかったんですよね。
自分で選んだ銘柄が悪いパフォーマンスだったなら、自己責任且つ勉強になります。

しかし、ロボアドが選んで売買した結果が、悪いパフォーマンスだった時に覚えるであろう、やり場のない感情と、その反省と学習機会がなさそうなので。

さて、そんなロボアドの有名どころ2社のHPから転載する最近のパフォーマンスがこちら。

WealthNaviのモデルケースはサービスを開始した当初(2016年1月19日)に100万円、その翌月から毎月3万円ずつ積み立てながら投資した場合のものだそうです。今年の2月末時点で最大のリスク5を選んでいたら+21.8%のトータルリターンみたいです。

中々に良好そうですね。ていうか私のポートフォリオは普通に負けてます。ちゃんと計算してないけど。

対するTHEOはというと…


円建て月次リターンを月末基準で開示。

とりあえずお客さん別に年7~11%くらいで儲かってるよーと言いたい…のかな?

というか、こういう「一見して1秒で理解できるグラフ」を乗せられないパフォーマンスってことなのかもしれません。少なくともそう思われるレベルのグラフです。

THEOだけが住信SBIネット銀行でサービス終了になる理由が垣間見えましたね。

で、本当のところTHEOどうなの?と思ったのでここからはTHEOを実際にやってて結果を報告している個人ブログをさくっと巡回。
同じブロガーとして、人様のふんどしで相撲を取るようなマネはしたくないので、詳細やリンクは貼りませんが、巡回して見た感じは…トータルリターン20%以上の人、ようやく一人居たくらい。あとは良くて10%くらいかな、サービス開始から数年で。
大抵は+3~5%くらいに見えます。

因みに「THEO 実績」でググりました。

勿論、サービス開始から数年ですし、長期投資を前提としたモデルなのはわかります。
2019年の2月はまだ今現在程株価も回復してなかったし。

いやだめだ、ウェルスナビはいいとしてTHEOのフォローはちょっと難しい。
でもまぁ、悪くないですよね。プラスなんですから。銀行預金よりはよっぽどマシですよ。

私ならVTIやIVV買うなぁ…AGGですらTHEOよりかはいいよ。
でもウェルスナビならアリかも。そのウェルスナビが買うのがVTIやAGGですが。

スポンサーリンク

FXで高金利通貨ロングをするくらいならロボアドの方がいい

ウェルスナビなら年率6%くらいは稼いでくれるようですから、
新興国通貨へ高利回りを求めて投資するくらいなら、ロボアドへ長期投資の方が低リスクでオススメと考えられます。

理由は寝ている間に高金利通貨にありがちな、新興国の為替が突然大きく動いてロスカット、みたいな事態も防げ、むしろその暴落時に買い増しまでしてくれるので安心して寝ていられます。

何より分散してくれてリバランス自動ってのがいいですね。

でも、年率6%で手数料1%取られたら5%ですよね。
S&P500の平均リターンを7%とみれば、少し物足りないかもしれません。

私は、定期的に振り込まれる配当金が嬉しいので高配当株への長期投資スタイルが気に入ってますが、「ほったらかし」が何よりも大事な人にはウェルスナビがオススメですね。

ひゃなばい