スポンサーリンク

「無能な働き者」は害悪、その対処方法と「無能な怠け者」の処世術

しぐのるです。

ドイツの軍人、ハンス・フォン・ゼークトは言いました。

「有能な怠け者は司令官に、有能な働き者は参謀にせよ。」

「無能な怠け者は、連絡将校か下級兵士にすべし。」

「無能な働き者は、すぐに銃殺刑に処せ。」

「ゼークトの組織論」では、人の能力を以下のカテゴリーで区別すると、大体の適正がわかるそうです。

①利口か、愚鈍か

②勤勉か怠惰か

この①と②を組み合わせると、2×2で4種類の性格が導き出され、ゼークトは以下の職制が適正と論じています。

1.「利口」で「怠惰」:指揮官(リーダー)が向いている。

2.「利口」で「勤勉」:参謀(計画立案役)が向いている。

3.「愚鈍」で「怠惰」:兵士(一般社員)が向いている。

4.「愚鈍」で「勤勉」:すぐに銃殺刑に処せ(無価値以下で有害)。

若干不思議ですよね、利口と愚鈍なら利口が良く、勤勉と怠惰なら勤勉の方が良さげに見えますが、実際は組織のトップと、兵士に「怠惰」があてはまります。

といっても、ちゃんと考えれば腑に落ちます。

頭が良くて怠惰なリーダーは組織の大まかな方向性を正確に見定め、怠惰なのでそれを細かく指示することもなく、部下(参謀)にまかせます。

頭がよくて勤勉な計画立案役は、リーダーの大まかな意思を曲解することなく理解し、それを実行計画に落とし込み、組織を効率よく動かします。

愚鈍で、怠け者の一般社員は、言われたことをこなします。基本的に怠け者なので言われたこと以上の事はやりませんし、愚鈍なので言われた以上の事は出来ません。
計画通りに事が進みます。

愚鈍で勤勉な一般社員は、勤勉なので計画通りに動かず、愚鈍なので時に間違った方向に突進していきます。それも周囲を巻き込みつつ。
計画は崩れ、効率は悪化し、リーダーの思い描いた場所には行けません。

しかし、本人は愚鈍なので仕事を真面目に完璧こなしているつもりで、
その為、非を指摘されても決して認めず、むしろ「自分が思った様な評価がされていない!」と憤り、リーダーの方向性を曲解し、参謀の計画を「的外れだ!」と批判します。

他の愚鈍で怠け者な一般社員は、愚鈍がゆえにそれに扇動されてしまい、組織全体のパフォーマンスを劣化させます。

こういう事から、愚鈍で勤勉なモノは、害悪でしかないと言われているわけですね。

スポンサーリンク

どこの界隈にも必ずいる「愚鈍で勤勉で有害な人」

思い当たる人、数人はいませんか?
自分が正しいと思い込み、人のやる事を批判したり、自分のやる事がいかに正しいかを懇々と語り続ける人。私はいます。そこかしこに居ます。

愚鈍であることを受け入れられないのであれば、利口になりましょう。
利口になれないのであれば、せめて怠惰でいましょう。

他の人のやる事に難癖つけたり、批判したり、そういう事をするのは労力の無駄遣いですよね。

…っていうちょっとアレ目な話をたまに上司とします。
(私は上司とそういう妙に突っ込んだ話をするのが好きなのです。)

上司はそれに対し、こういう事を言ってました。

上司「そういう人はね、暇なんだよ。暇だから周囲のやる事ばかり目に入ってきてしまう。暇だからそれを許せない気持ちになってしまう。暇だから自分が口を出さないとって気持ちになってしまう。だから、暇にさせない様にしてあげないといけないんだけどね。そういう人ってガンコだから何か新しい事やらせようとしてもアレコレ言い訳して動かないんだよねぇ」

しぐ「やっぱり銃殺するしかないですよね、そいつ。」

っていうやりとり。

「で、お前はちゃんと動くんだよね?」

って副音声で釘さされちゃってる気もしますが、私の上司はまさに「利口で怠惰」を地でいく切れモノ上司なので、与えられた仕事は上手い事やるだけです。

以上から、無能な働き者への対応方法は、スルーが一番です。
その内、誰かが銃殺しれくれるでしょう。

ひゃなばい